オートマ限定ではなくマニュアルの運転免許を取った方が良い理由

>

自動車運転免許を持っている人が多いのはどうして

なぜ日本人のほとんど運転免許を持っている

このように日本人が自動車運転免許をほとんどが持っている背景にはこうした物流革命や自動車の普及の急激な増加が挙げられ、マイカー所有率も上昇していることが大きく働いているのではと感じます。
さらに車社会になったことで物流業界へ就職する人が増え、一般企業も営業に自動車を使うようになった事によって仕事として自動車を運転しなくてはならなくなった人の自動車免許取得数が大幅に増加したことが大きな要因になっているのではと思います。
特に日本の物流業界の緻密さは海外と比べると大幅に進歩しているのでそれが自動車台数の増加と自動車運転免許の取得数の増加につながり、国土面積と比較して釣り合わないほどの多さにつながっているのではないかと思います。

急激に自動車が普及した為免許取得が増えた

自動車台数の急激な増加に伴い自動車運転免許の保有数も伸び続け、日本の自動車運転免許の保有率は総人口の74%に相当します。
いまだに人口の7割が運転免許を持っているのです。
一番怖いことはこれからの日本は少子高齢化になっていくのは確実といわれています。
しかし60歳以上の年齢の人が免許を持っている割合はここ10年で倍に増加しています。
さらに事故を起こすドライバーの年齢に至っては70歳以上がこれも倍に増加しています。
これはどういったことを表しているかというと、運転に向かない高齢者がいつまでたっても免許を返納せず、若い世代が減少しているため若い世代の免許保有率が落ちているという事になるのです。
つまり職業的な面から見ても安全に運転できるドライバーの数がどんどん減少しているという事です。


TOPへ戻る